無料
エロ
動画
アダルトクリニック
ひたすらエロについて妄想するブログ

『叔母の寝室』 (5)


5.少年と叔母


裕子は、翔を仰向けに寝かせ、ペニスを口に含んだ。

「うぅぅ・・・」

翔の下半身から、全身に官能が広がっていく。

「あぁぁ・・・叔母さん、気持ちいいよ」

裕子は、黙って首を振っている。

「オナニーよりずっといいよ」

長い髪が、翔の身体の上で揺れ動いていた。

叔母さん、とろけそうだ・・・

翔は、腰を震わせていた。

こんなの初めてだ・・・

翔は、裕子に任せきっている。

「うぅぅ・・・叔母さん・・・ぼく、もう・・・」
「まだよ、翔くん。我慢して・・・」

翔は、我慢できなかった。

「叔母さん、もうだめだ・・・」

裕子は、より深く咥え込んだ。

「あぁ・・・出る!」

ドクドクドク・・・。

裕子は口をすぼめて全部吸い上げ、飲み込んだ。
裕子がそっと顔を上げると、形のいい唇の間から、
白い液体がわずかに滴り落ちた。

「叔母さん・・・」

翔は肩を震わせながら、裕子の髪をつかんでいた。
裕子が指でシゴくと、翔はすぐに元気を取り戻した。

「翔くん・・・したいんでしょう?」
「うん・・・」
「私なんかでいいの?」
「叔母さんなら最高だよ」

裕子は、ベッドに仰向けになり、脚を大きく広げた。
その間に、翔が顔を入れていく。

ぴちゃぴちゃ・・・。

翔は、裕子のぬかるんだ秘部を舐め回した。

あぁぁ・・・翔くんが私のおま○こを・・・

裕子は、考えただけで蜜壷から泉が湧いてくる。

これが叔母さんのおま○こなんだ・・・

翔は、ゆっくり味わっていた。

なんてきれいなんだろう・・・

翔は、インターネットでいろいろな女性の秘部を
見たことがあったが、そのどれよりもきれいだった。

ヒクヒク・・・。

裕子のそこが、妖しくうごめいている。
翔が舌を入れると、裕子の太ももが震えていた。
柔らかい肉の感触が、翔をとりこにした。

「あぁぁ・・・翔くん・・・」

ビクンビクン・・・。

裕子の腰が浮き上がり、小さく震えていた。

「叔母さん、入れるよ」
「きて・・・」

翔は、起き上がって裕子のふっくらした脚を抱え、
堅くなった肉棒に指を添えて、秘肉に押し込んだ。

「あぁぁ・・・」

裕子の肉襞が震え、翔を包み込んでいく。

「気持ちいいよ・・・」

翔が腰を振るたびに、裕子が肉棒を締めつける。

「叔母さん、もう・・・」
いいのよ・・・中に出して

ドクドクドクドク・・・。

ザーメンが、裕子に注ぎ込まれていく。

「あぁ・・・翔くんのが出てる」
「叔母さん・・・」
「ああああああああああああああああああああ」

裕子もまた、達していた。ふたりは舌をからめあった。

次の日の昼間。ふたりはソファでいちゃついていた。
並んでテレビを観ながら抱き合い、唇を合わせた。
翔は、裕子のタンクトップの上から豊かな胸をまさぐり、
裕子は、ジーパンの上から翔のモノをまさぐっていた。

「あぁぁ・・・」

翔はタンクトップに手を入れて、裕子の胸を直に揉み、
裕子は、翔のトランクスの中に手を入れていた。
そして、翔のモノを口に含み、丁寧に舐め上げている。

ドクドクドクドク・・・。

夜になると、ふたりはベッドで何度も身体を重ねた。
仰向けになった裕子の口に、翔が肉棒を咥えさせ、
腰を動かしている。

ピュッピュッピュッ・・・。

裕子の美しい顔に、翔の体液が降りかかっていた。
後ろから翔に押し込まれた裕子が、腰を振っている。

ドクドクドクドク・・・。
裕子の蜜壷に、何度もザーメンが流し込まれていた。

夫の誠一が帰ってくるまでの間、裕子は毎晩、翔に
突っ込まれ、何百回となく、淫らに腰を振り続けていた。



≪動画更新情報≫
浜崎あゆみ!お色気サービス満点ムービーです。もっとサービスを〜
showitme.gif

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。

貴方のメールアドレスを入力してください
フリーメールでもご利用頂けます)



『叔母の寝室』 (4)


4.叔母の太もも

続いて裕子は、両脚を大きく広げて指を入れた。

くちゅくちゅ・・・。

妖しい音が、部屋を支配している。

「あぁぁ・・・ちんぽ・・・翔くんのちんぽ・・・」

喘ぎながら、肉襞を掻き回している。

「いい・・・いい・・・おま○こ、いい・・・」

ぐちゅぐちゅぐちゅ・・・。

「いや、いや・・・翔くん・・・イクイク!!!」

裕子は、再び腰を突き上げていた。
翔は、急いで部屋に戻って、自分でシゴき、

「叔母さん!!!」

小さく叫んで、勢いよく射精していた。

次の日。

裕子も翔も、いつもどおり朝食を取っていた。
ともに、前日はそのまま眠りについていた。
ただ、裕子は翔が覗いていたことは知らない。

叔母さんは、きょうもオナニーするんだろうか

翔の興味は、その一点に絞られていた。
もしそうなら・・・翔は心を決めていた。

その夜。
翔は、裕子が寝ている寝室の前にいた。
裕子が寝室に入ってから、1時間ほど経ったが、
中からは、何の気配もしなかった。
2時間ほど経って、翔はそっとドアを開けてみた。
裕子は、向こう側を向いていた。

もう寝てしまったんだろうか・・・

翔は、もうしばらくようすを見ることにした。
さらに30分ほど経っただろうか。
裕子を覆っている毛布がかすかに動いた。
裕子は、あいかわらず向こうを向いたままだったが、
薄い毛布は、たしかに動いている。

「はぁぁ・・・」

裕子のかすかな喘ぎ声が聞こえてきた。
裕子が毛布をはねのけると、きょうは何も身につけては
いなかった。翔に向けられたむっちりとしたヒップが、
切なげに揺すぶられていた。

「あぁぁ・・・翔くん・・・」

裕子は仰向けになり、ほどよく肉のついた両脚を
大きく広げていた。

グリグリ・・・。

クリトリスを指で刺激している。

ビクビク・・・。

太ももが震え、細い腰が上下している。

「あっあっあっあっあんん・・・」

その腰の動きに合わせて、妖しい声が漏れていた。

「あぅぅ・・・翔くん・・・気持ちいい・・・」

ほどなく、

翔くん、イク!!!

ビクンビクンビクンビクン・・・。

腰を大きく突き上げ、裕子は絶頂を迎えた。
裕子の痙攣はまだ続いていたが、翔は意を決して
下半身むき出しのまま、部屋の中に飛び込んだ。

「あっ!」

裕子は驚いたが、下半身がしびれて動けなかった。

「叔母さん!」

翔は叫びながら、裕子に覆いかぶさっていった。

「翔くん、見てたの?」
「うん。きのうも見たよ」
「恥ずかしい・・・」

裕子は、両手で顔を覆った。

「こんな叔母さん、軽蔑する?」
「ううん・・・」

翔は、汗ばんだ裕子の乳房にむしゃぶりついた。

「叔母さんのおっぱい、柔らかいよ・・・」
「・・・」

両手で乳房を揉みながら、乳首を吸い上げる。

「あぁぁ・・・翔くん・・・」

翔の下半身が、裕子の太ももに当たっていた。

「うっ!」

翔は、不覚にも射精していた。翔の体液が、
裕子の太ももにかかっていく。

「叔母さん、ぼく・・・」
「いいのよ。翔くん、初めてだったんでしょう?」
「うん。オナニーはいつもしてたけど・・・」
「いつから?」
「去年、ここに泊まってるときに見たんだ」
「何を?」
「叔母さんと叔父さんが・・・してるところ・・・」
「そのときからなの?」
「うん。叔母さんのこと想って、毎日してた」
「私?」
「叔母さん、すごくきれいだった」
「ありがとう・・・」




≪動画更新情報≫
ムチムチボディの綾瀬はるかちゃん股間ライブラリー♪

dejavu_bn2.jpg

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。

貴方のメールアドレスを入力してください
(フリーメールでもご利用頂けます)

『叔母の寝室』 (3)


3.叔母の自慰


翌朝、誠一は10日間の出張のため、出て行った。
朝食中の裕子は、いつもと同じようすで、翔には、
とても昨夜と同一人物とは思えなかった。

午前中は、近くの公園に連れていってもらって、
一緒に遊んでくれたが、それはいつのも裕子だった。
裕子は、Tシャツにショートパンツという格好だったが、
その奥には、豊かな胸のふくらみ、いやらしい下半身が
隠されているのだった。

一緒に家に戻ってから、翔は叔母のことが気になって
仕方がなかった。悩ましい手足を剥き出しにして、
キッチンで昼食の準備をする後姿。ショートパンツに
包まれた豊かなヒップ。そこから妖しいラインを描いて
伸びているきれいな脚。ソファに腰掛けてテレビを観て
いるときの、胸のふくらみ、むっちりした太もも。
向かい合って夕食を食べているときも、翔は股間を
大きくしていた。

叔母さんを抱きたい・・・

翔は思ったが、かなわぬ夢と思っていた。

その夜、翔は寝室を覗いていた。きょうから10日間、
夫のいない叔母は、ひとりで寝ているはずだった。
薄暗い部屋で、裕子はひとりでベッドに寝ていた。
仰向けになって薄い毛布を掛け、すっかり寝入って
いるようだった。
すると、毛布がかすかに動いたような気がした。
ちょうど、裕子の腰のあたりがもぞもぞと動いていた。

「あぁぁ・・・」

裕子の口から、悩ましげな声が漏れ、毛布の動きが
だんだん大きくなっていった。

「あぁぁ・・・あなた・・・あなた・・・」

毛布が上下に大きく動いていた。

「あぁぁ・・・ちんぽ・・・あなたのちんぽが・・・」

翔は、息をのんで見入っていた。

「あぁぁ・・・いい・・・クリ・・・いい・・・」

裕子は、自分で敏感な部分を弄っているようだった。

「あぁぁ・・・あなた・・・イッちゃう・・・」

毛布が大きく持ち上がった。

「あああああああああああああああああああああ」

裕子は、あっけなく果てていたが、毛布の揺れは
しばらくの間、続いていた。
翔は、堅くなったモノを握りしめ、部屋に戻ろうとした。
そのとき、裕子が毛布を大きく跳ね上げ、フロアに
落ちていった。
裕子は、小さなパンティを身につけているだけだった。
むっちりした太ももがあらわになる。
自分の指を、ゆっくりとその下着の中に入れていった。

「はぁぁ・・・」

翔は、握りしめたまま見入っていた。

「あぁぁ・・・今イッたばかりなのに・・・」

裕子の下着が、妖しくうごめいている。

「裕子は、なんていやらしい女なの・・・」

白く豊かな乳房が波打つように揺れていた。

「あぁぁ・・・おっぱい気持ちいい・・・」

裕子は、片手で乳房を揉んでいた。

「あぁぁ・・・乳首舐めて・・・」

翔は、次の言葉を聞いて驚いた。

「早く・・・翔くん・・・舐めて・・・」

えっ?

裕子は、両手で乳房を揉みしだいている。

叔母さん、ぼくが覗いてるのを知ってる?

「乳首、こんなに堅くなってるの・・・」

指先で乳首をこねている。

そんなはずはない・・・

そのまま翔が覗いていると、指がまた下着の
中に滑り込んでいった。

「あぁぁ・・・クリもこんなに・・・」

指は動く続けていた。

「こんなに堅くなってる・・・」

翔は、息を殺していた。

「これ、邪魔だわ・・・」

裕子は、下着を脱ぎ始めた。

「パンティもぐしょぐしょになって・・・」

裕子は、意識してクリを責めている。

「あぁぁ・・・感じるわ・・・」

ビクビク・・・。

裕子の腰が、跳ねていた。

「あぁぁ・・・いい・・・いい・・・」

腰が、大きくバウンドしている。

「イク! あああああああああああああああ」

ビクンビクンビクンビクン!!!

裕子の身体が反り返り、腰が高く跳ね上げられていた。


≪動画更新情報≫
綺麗な顔して激エロポーズ!木下あゆみタン♪
素敵な出会いがきっとココに。
bunner2.gif

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
貴方のメールアドレスを入力してください。
『叔母の寝室』 (2)


2.叔母の絶頂


叔母の家は、翔の家の隣の県にあり、車でわずか
2時間ほどの距離だった。
翔は、年に数回は両親とともに、ここを訪れていたが、
翔の両親が共働きということもあって、夏休みには、
2週間ほど連続で、翔ひとりで泊まることが多かった。
叔母夫婦には子供がなく、そのときには、夫婦ともに、
翔を大歓迎してくれた。ことに、叔母の裕子は優しく、
夫の誠一が会社へ行っている昼間には、遊園地など
いろいろな所へ遊びに連れていってくれた。

6年生になった翔は、今年も裕子の家に来ていた。
去年、叔母夫婦のセックスを覗いてから、翔は毎日、
その光景を思い出しては、オナニーしていた。

今回、ここに泊まりに来て2日目の夜。
翔は、叔母夫婦の寝室を覗いていた。

ぴちゃぴちゃ・・・

薄暗い寝室では、裕子が上になって重なり合い、
お互いの秘部を舐めあっているようだった。

「うぉぉ・・・裕子・・・」
「あぁぁ・・・あなた・・・」

あの美しい裕子が、誠一を咥え込んで首を振っている。
やがて、誠一が起き上がると、裕子をまるで犬のように
四つん這いにさせた。誠一は、ペニスをしごきながら、
裕子の後ろから押し入っていった。

「あぁぁ・・・」

裕子は腰を軽く振って、肉棒に貫かれていった。

「裕子、裕子・・・」
「あぁぁ・・・あなた・・・」

誠一は裕子の腰を抱えて、腰を振っている。

「裕子。あいかわらずきついな・・・」
「あぁぁ・・・ちんぽ・・・あなたのちんぽが入ってる・・・」

誠一のペニスは、裕子の秘肉の奥深く埋め込まれた。

「あぁぁ・・・あなた・・・気持ちいいわ・・・」
「裕子のおま○こは最高だ・・・」

誠一は腰を振って、裕子の秘肉をえぐっていた。

「もっと、もっとよ・・・」
「裕子・・・」
「もっと突いて・・・奥まで突いて・・・」

揺れ動く裕子のむっちりしたヒップが翔には眩しかった。
髪は振り乱れ、豊かな乳房が揺れていた。

「あぁぁ・・・いい・・・おま○こ、いい・・・」
「裕子・・・ちんぽが食いちぎられそうだ・・・」
「あっあっあっあっ・・・」

裕子は、夢中で腰を振っている。

「あなた・・・あなた・・・イキそうよ・・・」

誠一は黙ったまま裕子を責めていた。

「うあああああああああああああああああああああ」

獣のような叫び声とともに、裕子は果てた。
痙攣が収まると、今度は自ら誠一に跨り、腰を沈めた。

「あーーーっ」

誠一がヒップを抱えていた。

「あぁぁ・・・また、ちんぽが・・・あぁぁ・・・」
「裕子・・・」

誠一が腰を突き上げると、裕子の乳房が弾んでいた。

「あぁぁ・・・あなた・・・いい・・・」
「裕子、裕子・・・」

誠一が、下から裕子の乳房をわしづかみにしている。

「あぁぁ・・・感じる・・・あなた、感じる・・・」
「柔らかいおっぱいだ・・・」

誠一が揉み込むと、裕子のバストの形が微妙に変わり、
その指の間からは、一部がはみ出している。

「あぁぁ・・・ちんぽ、ちんぽ・・・」
「裕子。ぐちょぐちょになってるぞ」
「あぁぁ・・・いやぁ・・・」

裕子は、腰をくねらせていた。

「あぁぁ・・・また、またよ・・・」
「うおお・・・裕子・・・」
「またイッちゃうぅぅぅ・・・」

誠一がグイッと突き上げた。

ドクドクドクドク・・・。

誠一が流し込むと同時に、

「あっあっあんん・・・ああああああああああああああ」

裕子が、誠一に覆いかぶさるように倒れ込んだ。

ビクンビクンビクン!!!

裕子の汗ばんだヒップが、誠一の上で痙攣していた。

同時に、それを覗きながらシゴいていた翔の中からも、
大量に発射されていた。翔は素早く始末すると、そっと
自分の部屋に戻って、息を弾ませていた。

あの、きれいな叔母さんが、毎晩あんなふうに・・・

翔は思った。

あんないやらしい言葉を叫んでいるんだ・・・

いつも翔に笑顔を向けてくれる優しい叔母さんが・・・。

次の日から、誠一は出張だと叔母から聞いていた。


≪動画更新情報≫
アヤパン&あやや 夢の共演動画

エッチな出会いが必ず貴方の元に!!!
1top.jpg

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
エッチ目的の女の子、欲望を満たす為なら...
『叔母の寝室』 (1)


1.少年の射精


あああぁぁ・・・

小学校5年の浅井翔は、トイレに行くために、
寝ていた部屋を出て、階段を下りようとしていた。
そのとき、となりの部屋から細い明りが漏れ、
中からは、翔がかつて聞いたことのない女性の
妖しい声が聞こえてきた。

「あぁぁ・・・あなた・・・」
「裕子、どうだ? いいか?」
「はぁぁ・・・いい・・・いい・・・」

叔母の望月裕子とその夫の誠一が、なにごとか
話しているようだ。

こんな夜中にどうしたんだろう

翔は思った。

「裕子のここ、こんなになってるぞ」
「あぁぁ・・・あなた・・・いや・・・」

ぼくなんかが聞いてはいけない話みたいだ

翔はそんな気がした。けれども、そのままその場を
離れることはできす、そっと部屋をのぞいてみた。

あっ!

裕子が仰向けにベッドに横たわり、そのとなりでは、
誠一が叔母の股間に手を伸ばしていた。もう一方の
手は、裕子の豊かな乳房を揉みしだいている。

「あっあっあっ・・・」

誠一の手は微妙に動いており、それに合わせて、
裕子の白い身体が、妖しくうごめいていた。

くちゅくちゅくちゅ・・・。

変な音が聞こえ、叔母の身体が大きく動いている。

「あぁぁ・・・あなた・・・きて・・・」

裕子の細い指が、誠一の股間に伸ばされた。

「これよ・・・これ・・・あぁぁ・・・」
「おれのちんぽがほしいのか?」
「そうよ・・・あぁぁ・・・堅いわ・・・」

誠一はそのまま黙って、手を激しく動かし続けた。
裕子の指は誠一のモノを握りしめたままだった。

「あぁぁ・・・早く・・・あぁぁ・・・」

裕子の腰が、飛び上がるように跳ねていた。

「裕子。すぐには入れてやらないからな」

誠一が言いながら、手に力を入れる。

「あぁぁ・・・あなた・・・だめ、だめよ・・・」

裕子は、首を左右に大きく振っている。

「あぁぁ・・・あなた・・・イッちゃうぅぅ・・・」
「もうイクのか?」
「あぁぁ・・・イク! イクッ!!!」

びくんびくんびくん・・・。

裕子の身体が大きく反り返り、腰が震えていた。
誠一は、そんな裕子のむっちりした両脚を抱え込み、
その股間に、自分のモノを押し込んだ。

「あーーーっ」

声にならない声を上げて、裕子が誠一を迎え入れた。

「あぁぁ・・・いや、いや・・・あぁぁ・・・」

誠一は、激しく腰を打ちつけている。

「はぁぁ・・・あなた・・・あぁぁ・・・」
「裕子。締めつけてくるぞ」
「あんあんあんあん・・・」

裕子の乳房が、大きく揺れている。

「いやぁ・・・また、またぁ・・・」

裕子は、また絶頂を迎えていた。

「イク! ああああああああああああああああ」

がくがくがくがく!!!

再び、裕子の身体が痙攣し、誠一の腰が震えた。

「裕子!!!」

ドクドクドクドク・・・。

誠一のエキスが、裕子の中にぶちまけられた。

ドアの外で、その一部始終を覗き見ていた翔の
パジャマのズボンの前が大きく膨らんでいた。
むずがゆいような感じがして、股間を押さえていたが、
誠一が発射したのと同時に、翔のズボンの中にも、
生暖かい液体が発射されていた。
翔にとって、初めての射精だった・・・。

そっと部屋に戻ってからも、翔は眠れるはずもなく、
無意識のうちに、自分のペニスを握りしめていた。
そして、初めて見た叔母の姿を思い浮かべながら、
堅くなったそれを夢中でシゴいていた。

うぅ・・・

ほどなく、先ほどと同じ液体がほとばしっていた。


≪動画更新情報≫
中山美穂!乳首が完全におっ立っちゃってます〜オマケにパンツもブラも丸見え
showitme.gif

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
貴方のメールアドレスを入力してください

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close