無料
エロ
動画
ひたすらエロについて妄想するブログ

『輪姦ホテル』 (8)


8. 騎上位絶頂


まず、ひとりがベッドに仰向けになりました。
理奈さんは、腰を後ろに突き出して、覆いかぶさるように
彼のペニスを口に咥え、ネットリと舐め上げます。
別のひとりが、突き出された腰を抱えるようにして、
理奈さんのおま○こに指を入れて、出し入れしています。

ぐちゅぐちゅ・・・。

理奈さんの愛液が彼の指を濡らし、どんどん湧き上がる愛液は、
ツツーッとむっちりした太ももを伝っています。
またひとりは、背中から手をまわして、理奈さんの
豊満な胸を揉みくだいき、乳首を指先でころがしています。
理奈さんは、いやいやをするように腰を振りながらも、
髪を振り乱して、ペニスにむしゃぶりついています。

うぉっ・・・うぉぉぉ・・・

しゃぶられている若者が、情けない声をあげながら、
腰を浮かせるようにして、左右に振っています。

あぁぁ・・・理奈さん・・・イク!!!

彼がうめくと同時に、理奈さんは顔を離しました。が・・・。

ピュッピュッピュー。

勢いよく噴出したザーメンは、理奈さんの上気した顔を直撃し、
理奈さんの端正な鼻からあごにかけて、べっとり付着しました。
同時に、おま○こに指を突っ込み、クリトリスをいじっていた男が、
ここぞとばかり、クリトリスに触れている指に力を込めると、

ひぃぃぃ・・・だめだめぇぇぇ!!!

理奈さんは、腰をブルブル震わせて、男の上に倒れ込みました。
しばらくの間、身体全体が、ビクン、ビクンと痙攣していました。

また、指だけでイッちゃったなぁ・・・

理奈さんの痙攣が収まると、またひとりが仰向けになります。
男のモノは、すでにビンビンになっており、透明な液が出ています。
理奈さんは、男にまたがると、それを指で導きながら、
ゆっくりと自分の腰を落としていきます。

すぶぅぅぅ・・・。

腰が落ちて、自分のモノが理奈さんの肉襞の奥深く納まると、
男は腰を突き上げて、理奈さんのふっくらした身体を揺さぶります。
男が腰を浮かせるたび、

あふん、ああん・・・

理奈さんの柔らかな胸が揺すぶられ、ぶるんぶるんという感じで、
男の官能を刺激しています。
たまらなくなったふたりが、それぞれ理奈さんの左右の乳房に
食らいつき、手で揉みながら、舌先で乳首を弄んでいます。
腰で理奈さんを揺さぶっていた男が、

うぅぅ・・・理奈さん、出るっ!

そして、あっけなく果ててしまいました。
すると、我慢できなくなった男が、その男を押しのけるようにして、
理奈さんの下に身体を潜り込ませ、理奈さんのおま○こに
堅くなった自分のモノを突き刺しました。
男は、すぐに腰を動かして、理奈さんの官能を刺激します。

ああん・・・あっあっ・・・あんあんあん・・・

理奈さんはすぐに反応し、男の腰の動きに合わせて、
自分の腰を前後左右に揺すぶって、官能をむさぼっています。
またひとりが、背後から理奈さんの乳房を揉みしだきます。
別のひとりが、下の男にまたがるように身体を移動させると、
半開きのまま、よだれを垂れ流している理奈さんの口に
自分のモノを押し込みます。

うぅ・・・んぐぅぅぅ・・・

理奈さんは、苦しそうにうめきながらも、すっぽり咥えると、
腰の動きは、前にも増して激しくなっています。

「ぐふぅぅ・・・むぅぅ・・・」

理奈さんの身体が一瞬浮き上がり、硬直してのけぞりました。
汗をかいて、ほんのりピンク色に染まった理奈さんが、
ビクンビクンと喉や腰を痙攣させています。
敏感な肉襞も痙攣しているのでしょう。
下になっている男が、

うぉ! 締まるぅぅぅ・・・。 だめだ、イクッ!!!

腰をピクピクさせながら、放出しているようです。
口を犯していた男も、

うぐぅぅぅ・・・

とうめきながら、ドクドクと理奈さんの口の中に流し込んでいます。
男が身体を離すと、またもや理奈さんのだらしなく開いた口から、
ねばねばした白いものが、ドローッと垂れ下がっています。
続いて私が、最後にAさんが馬乗りになった理奈さんを
下から遠慮なく突き上げ、理奈さんを快楽の底に落としました。
あまりの気持ちよさに、ひとりでは身体を支えきれない理奈さんは、
ほかの男に身体を支えられながら、乳房を揉みしだかれ、

あぁぁ・・・いい、いい・・・
いや、いや・・・狂っちゃう・・・だめぇ・・・もうだめぇ・・・

声をはばかることなく官能に打ち震え、何度も何度も達していました。

----------

すべて終わってからは、響子さん、理奈さんはもちろん、
男性陣も疲れ果て、ベッドの上やその周りでぐったりしていました。
やがて、参加者全員、服を着替えました。
身支度を整えた響子さん、理奈さんはうつむいていましたが、
つい先ほどまで快楽をむさぼっていたとは思えないような
ごく普通の女性に戻っていました。

おま○こに突っ込んでぇ・・・
あぁ・・・気持ちいい・・・おま○こ、いいのぉ
イク、イク・・・イッちゃうぅぅぅ・・・

卑猥な言葉を連発して、ザーメンにまみれ、腰をくねらせていた
女性と同じ女性とは、とうてい思えませんでした。

-完-


≪動画更新情報≫
綾瀬はるか おっぱい揉まれたり、日焼けクリーム塗りたくったり

bunner2.gif

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
GAL、人妻、セレブ嬢、あなたのお好みはどれ?
『輪姦ホテル』 (7)


7. バックで

「ん・・・んんん・・・」

理奈さんは、感極まったのか、目から涙があふれています。

「うう・・・気持ちいい・・・チンポがとろけそうだ・・・

咥えられた男は、理奈さんの髪を両手で押さえながら、
腰を前後左右に振っています。

「んぐぅぅぅ・・・」

理奈さんは、そのかわいい唇からよだれを垂らしながら、
男に合わせて首を振り乱しています。

「んんん・・・出るっ!」

口に突っ込んでいた男は、理奈さんの顔を押さえつけたまま、
その中へ発射しました。

ドクドクドク・・・。

「ふぐぅぅぅ・・・」

理奈さんの口から、白くドロッしたザーメンが滴っています。

「おぉ・・・こんなかわいい子の口からザーメンが・・・

隣で見ていた若者の声が上ずっています。
その光景は、たしかに男を興奮させるものでした。
まるで処女のような娘が、男に陵辱された瞬間でした。

「おおお・・・」

バックを責めていた男が、唸っています。

「なんて気持ちいいんだ!おまえのおま○こは最高だ!!!
「はぅぅ・・・あぁ・・・」
中にぶちまけるぞ!おおぉぉぉ・・・

男の腰がブルブルと震えて、放出したようでした。
すると、理奈さんの身体もガタガタと震え、

「あああ・・・イッちゃう、イッちゃう!!!」

まだ残っていたザーメンを吐き出しながら、
汗ばんだ身体が、ガクーンと大きく揺れて突っ伏してしまいました。

「あぁ・・・理奈さん、最高だ!

放出した男は、興奮気味でした。
するとまた、理奈さんの横でシゴいていた男が、

「うぉぉぉ!!!」

叫びながら、ドクドクドクと気を失ったように倒れている理奈さんの
背中に、大量の精液を放出しました。

それから、Aさん、私の順で理奈さんを後ろから犯し、
その間も理奈さんは、絶叫しながら、腰を振り立てていました。
理奈さんの肉襞もペニスをギュ〜ッと締め付けてきます。
さらに、回復した若者たちも、次々にバックから攻め立てます。

「だめ、だめ・・・クリちゃん、だめぇぇぇ・・・」
「あぁ・・・あぁぁぁ・・・そこ、そこ・・・いいいぃぃぃ・・・」
「わぁん・・・いやぁ・・・イク、イク・・・イッちゃう・・・」

何度も何度も登りつめる理奈さん・・・。

「いい・・・いい・・・おま○こ、いいのぉぉぉ・・・」

理奈さんのかわいい顔は、ザーメンにまみれ、
最後、理奈さんはバッタリしたまま動かなくなってしまいました。

まだ時間はある。ちょっと休憩しよう

私は言い、皆で理奈さんが回復するのを待つことにしました。

「理奈さん、大丈夫かな?」
「響子さんもすごかったけど、理奈さんも激しいな」
「どっちも、チンポが引きちぎられそうだったもんな」
「ほんと、よく締まるよなぁ。ふたりとも最高だ」


「いやぁ・・・あぁぁ」

そんな話しをしていると、向こうのベッドでは、
響子さんの悲鳴のような叫び声が聞こえます。
見ると、男にまたがった響子さんが、騎上位で突き刺され、
一心不乱に腰を動かしています。
胸は男たちにもみくちゃにされ、半開きの口からは、
よだれだか、ザーメンだか、白いものが垂れ落ちています。
下になった男が、突き上げるたび、

「あぁ・・・いい・・・おま○こ、壊れちゃう!!!」

ほんとうに狂ってしまったかのようです。
その男が、

「響子!いくぞ!!!」

最後にいっそう強く腰を突き上げると、

「うわぁぁぁ・・・・・・」

そう叫んだ響子さんが、男の胸に突っ伏してしまいました。
その身体が、ガクガク痙攣しているのが、
こちらからでもよくわかりました。

いつの間にか起き上がって、その様子を見ていた理奈さんが、

「響子さん・・・すごい・・・」

そうつぶやいているのが、聞こえてきました。

「そういう理奈さんだって、負けないくらい激しかったよ

Aさんが言うと、理奈さんは、

「いやぁん・・・」

身体をくねらせながら、また顔を伏せてしまいました。

「さぁ。理奈さんも回復したようだから、またやるか

Aさんが言うと、ひとりが、

響子さんのようにしちゃいましょう

皆はまた、ベッドの周りに集まりました。
理奈さんの目が、キラッと光ったように私には見えました。


≪動画更新情報≫
酒井若菜、スケスケレースの下はなんと素っ裸!!!
エッチな出会いが必ず貴方の元に!!!
1top.jpg

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
エッチ目的の女の子、欲望を満たす為なら...
『輪姦ホテル』 (6)
6. もうひとりの犠牲者

私たちは、いっせいに理奈さんの身体を触りまくりました。
豊かな胸を揉む者、太ももを撫で回す者、つま先を舐める者・・・。
私は、汗ばんだ髪を指でゆっくりなぞっていました。

ぴちゃぴちゃ・・・。

誰かが、理奈さんの秘部を舐め回しています。

あっ!

理奈さんの可憐な唇から声が漏れて、顔をのけぞらせました。
目はしっかり閉じられ、唇は半開きになっています。
私は、彼女にやさしくキスしました。
そして、舌を入れると、理奈さんも吸い付いてきます。

ん・・・うん・・・

理奈さんの唇から、くぐもった喘ぎが聞こえます。

私の隣にいた若者が、イキリ立った自分のもとへ
理奈さんの右手を持っていき、握らせました。
モノに触れたとたん、一瞬手を引っ込めた理奈さんでしたが、
すぐにまたソレを握って、シゴくように動かしています。
すると、もうひとりが左手を取って、同じように握らせました。
私が唇を離すと、理奈さんは、

はぁ、はぁ・・・

舐められている秘部をくねくね動かしながら、
両手もしっかり動かしています。
誰かが、クリトリスをつまんだのでしょう。

あうっ!

理奈さんは腰をバウンドさせながら、両手に力を入れたようです。
すると、

うぅ・・・もうダメだ!

左側の若者が、理奈さんのユサユサ揺れる胸に発射しました。
またクリトリスを摘み上げられたのか、理奈さんは、

「いやぁ・・・イク、イクゥ!!!」

首を大きくのけぞらせ、腰を突き上げてイッてしまったようです。
すると、胸を揉みながら、理奈さんにシゴかせていた右側の若者も、

あうっ!

叫びながら、理奈さんの顔にドクドクと射精してしまいました。

今度はバックで犯るぞ

Aさんはそう言って、理奈さんの身体をうつ伏せに反転させます。

誰か、突っ込みたい奴はいるか?

Aさんが聞くと、足元にいた若者が、

俺が・・・

言いながら、理奈さんの腰を抱えて、持ち上げようとしています。

ようし! もっとケツを上げろ!

言いながら、Aさんも手伝っています。

いやぁ・・・

理奈さんは抗っていましたが、腰を高々と上げさせられました。
嫌がっているのに、そのムッチリした腰は妖しく揺れています。

ねえちゃんよ。チンポ突っ込んでほしいんだろ?

言いながら、その若者は指を突っ込んでいます。

グチュグチュ・・・。

いやらしい音が、濡れているのを感じさせます。

さっきイッたばかりなのに、いやらしいおま○こだな!
あう・・・
何がほしいのか、言ってみろ!

若者は、勝ち誇ったように言います。

あぁぁ・・・理奈に・・・チンポを・・・

理奈さんは、泣くような声で言います。

おまえには指で十分だ!

言いながら、指で理奈さんを掻き回しています。

ああ・・・あう・・・いい・・・

理奈さんは、腰を振り立てて指から逃れようとしているかのようです。

ほらほら。どうだ!

男は、なおも激しく指を動かします。

ぐちゅぐちゅぐちゅ・・・。

あぁぁ・・・気持ちいい・・・おま○こ、いい・・・
「こうしてやる!」

男が、もう片方の手でクリトリスを捻るようにしました。

いや、いやぁ・・・いい・・・あうぅ・・・いいの!

理奈さんは髪を振り乱し、半狂乱です。

イク、イクゥゥゥ・・・

男がさらにクリトリスを押しつぶすようにすると、

うぐぅぅぅ・・・

獣のような叫び声を上げたかと思うと、
理奈さんの身体がビクンビクンとはずんで、ぐったりしました。

もうイッちまったのか?

男は満足そうに言います。
私は、理奈さんの両肩を持ち上げ、犬のように四つん這いにさせました。
髪は振り乱れ、目はトロンとしています。
手を離すと、また崩れ落ちてしまいそうなので、そのまま持っていました。
さっきの男は、自分の身体を理奈さんの両足の間に移動すると、
まだヒクヒクしている女の部分に一気に突き刺しました。

ううーん・・・

男は、むっちりした腰を抱えながら突きまくっています。
理奈さんの豊かな胸が、ブルンブルンと音を立てるように揺れます。
ひとりが、背中から両手を差し入れて、揉みしだいています。

あぁぁ・・・いやぁぁぁ・・・

すると、またひとりがうつむいたままの理奈さんの顔を両手で上げさせ、
堅くなったペニスを咥えさせようとします。
理奈さんは、いやいやをするように、首を振っていましたが、
むりやり咥えさせられてしまいました。


≪動画更新情報≫
安藤美姫 クイ込み4回転ジャンプ!

showitme.gif

登録はカンタン!下記のフォームにメールアドレスを入力、
送信後送られてくるURLにアクセスするだけ!
フリーメールでもご利用頂けます。
PCのメールアドレス

『輪姦ホテル』 (5)



5. 人妻輪姦

続いて、まだ発射していない若者が、たけり狂ったモノ
ぐちょぐちょの人妻に埋め込みます。

「あぁぁ・・・いい・・・気持ちいいの・・・」

イッたばかりのおま○こに突っ込まれた人妻は、
狂ったように腰を振り立てています

ぐちゃぐちゃ・・・。

数回ピストンしただけの若者は、

「うぅぅ・・・奥さん、気持ちいい・・・」

うめきながら、人妻と同時に果ててしまいました。

続いて、私が人妻を犯す番になりました。
人妻のおま○こは、自分の愛液でぐちょぐちょになっており、
誘うようにヒクヒクとうごめいています。
私は、ビンビンになった自分のモノを、そこに押し込みました。

ぐにゅ〜〜〜。

私のモノは、あっさりぬかるみに入り込んでいきます。

「あんあんあん・・・」

休む間もなく犯され続ける人妻は、悶え狂っています。
その胸は、いつも誰かに揉み続けられています。

「あっあっ・・・いい・・・おま○こ、気持ちいい・・・」
「うぅぅ・・・イクッ!」

胸を責めていた若者が、ビクビク痙攣する人妻の
白いお腹にぶちまけます。
私が腰を打ち込むたび、人妻が私のモノを締めつけます。
そして、肉襞が私の熱い部分を絡め取るように吸い付いてきます。
間違いなく、名器でした。

その間に、私に犯されている人妻は、

「イク、イクゥ・・・あああああ・・・・・・」

腰を震わせて、何度も達していました。
とうとう我慢できなくなった私のモノが、ピクピクしながら
悶え狂う人妻の中に発射していました。

ドクドクドク・・・。

「あぁぁ・・・イク〜〜〜!!!」

人妻はまたも、イッてしまったようでした。

私の後にも、次々と回復した男たちのモノが突っ込まれ、
人妻は、何度も何度も絶頂を味わっていました。
汗ばんで上気した人妻の身体は、貪欲に男を受け入れ、
ピクピクと波打ち、休む間がありませんでした。
そんな人妻を見ていると、発射したばかりの男のモノは、
すぐに元気を取り戻し、皆3回ずつはイッたようです。

さすがに男たちは疲れ果て、やっと解放された人妻は、
それでも腰を妖しくくねらせ、疲れを知らないようでした。
挿入できなくなった男たちが、ヌルヌルの沼を指で犯し、
クリトリスを弄られるたび、人妻は何度も何度も痙攣していました。
それは、すさまじい光景でした。

皆がタバコを吹かしながら休憩していると、もうひとつの
グループ
の男性たちがこちらにやってきて、交代ということになりました。
響子さんは、ベッドの上で、ひとりぐったりしています。
私たちは、もうひとりの女性、理奈さんのほうへ向かいました。
理奈さんも、ベッドでぐったりしており、さんざん犯されたようです。
身体つきは、全体に響子さんよりぽっちゃりしており、
胸もお椀型で、仰向けになっていても形はくずれていません。
顔、胸、太ももなど、全体にザーメンが飛び散っていましたが、
スタッフが丁寧に拭き取っていました。
理奈さんは、恍惚とした表情で、身を任せています。

そんな色気あふれる理奈さんを見た私たちは、
また息子が元気になってくるのを感じていました。

今度はこの女を陵辱するんだ

そんな思いが湧き上がり、私たちは理奈さんに飛び掛っていきました。


動画更新情報
藤原紀香のセクシーダイナマイトボディ+パンチラでみんな大満足

GAL、セレブ、人妻、熟女!素敵な出会いがきっとココに。
bunner2.gif

登録はコチラから
欲望を抑えられない人妻。1人残らず食い倒せ!
『輪姦ホテル』 (4)


4. 人妻絶頂


「いやらしい奥さんだな。もうイっちまったのか?」
「はぁ、はぁ・・・」

響子さんは、肩で大きく息をしています。
私は大満足でした。

そのとき、見ていた若者のひとりが、

「うっ!」

とうめきました。そちらを見ると、握った自分のものから、
白いドロッとしたものが、ドクドクと発射されていました。

「す、すみません」

彼は、恥ずかしそうにしていましたが、無理もないでしょう。
こんなきれいな人妻が、おま○こを掻き回されて、あんなに乱れて・・・。

「いいんだよ。この奥さん、すごかったもんな」

Aさんが、やさしく言いました。すると、またひとり、

「出るっ!」

叫びながら、果ててしまいました。

「奥さん、すごすぎます」

上気した顔で、声もかすれています。
私は、響子さんを苛めるのに夢中でしたが、私も彼らの立場だったら
我慢できずに発射していたことでしょう。
それほどに、響子さんは官能的でした。
響子さんは、恥ずかしそうに腰を揺すっていました。


「さぁ、次だ」
Aさんはそう言うと、正面から響子さんの肩を押しました。

「あっ!」

響子さんはそう叫ぶと、後ろの大きなベッドに倒れ込みました。

「手を押さえろ!」

Aさんは言いながら、ベッドに上がりました。
先ほど果ててしまったふたりが、急いで響子さんの両手を
ベッドに押さえつけました。

「奥さん、もっと気持ちよくさせてやるからな」

Aさんが響子さんの足元に回りました。
すばやく自分が着ている服を脱ぎ捨てると、無防備な
響子さんの両足を大きく広げて持ち上げるようにしています。
Aさんのモノは逞しく、黒光りしてそそり立っています。

「あっ!」

それを見た響子さんの目が、一瞬妖しく光ったように見えました。

Aさんは、響子さんの秘部を指でなぞりながら、聞いています。

「さぁ、奥さん。今度はどうしてもらいたい?」

Aさんが指を突っ込むと、響子さんの身体が浮き上がります。

「い、入れて・・・」
「何を?」

Aさんは、じらすように聞いてきます。

「その・・・大きなモノ・・・」
「これの名前は?」
「・・・」
「大きな声で言ってみろ!」
「あぁぁ・・・チ、チンポ・・・」
「どこに?」

Aさんが、自分のモノを響子さんの秘部にあてがいながら苛めます。

「あぁぁ・・・響子の・・・おま○こに・・・」
「最初からちゃんと言ってみろ!」

人妻は、また甘い蜜を溢れさせて、腰をくねらせています。

「響子のおま○こに・・・チ、チンポを・・・ぶち込んでください・・・」

あぁ・・・こんなきれいな人妻が、こんないやらしい言葉を・・・。
手の空いている若者が、人妻の柔らかい胸を苛めています。
Aさんは、人妻の脚を持ち上げます。

「あぁぁ・・・」

Aさんのモノが、無抵抗の人妻を一気に貫きます

「うぅぅ・・・」

Aさんが腰を打ちつけるたびに、汗ばんだ人妻の身体が痙攣しています。

ビクンビクン・・・。

ひとりの若者が、人妻の顔にまたがっていきました。
そして、ビンビンになったイチモツを可憐な口に押しつけています。

「うぅぅ・・・」

人妻は、サラサラした髪を振り乱して、咥え込んでいます。

「んぐ、んぐっ・・・」

Aさんは、ますます動きを早めています。

「うぅっ・・・出る!」

しゃぶらせていた若者が、腰を浮かせると、

ピュッピュッ・・・。

上気した人妻の顔に熱いエネルギーをぶちまけました。
ザーメンがうっとりした人妻の顔を伝っています。

「うぅっ!」

続いて、人妻の胸を揉みながら、自分でシゴいていた若者が、
揉みまくられた胸にドクドクと発射しました。
そのうち、我慢できなくなったAさんも、

「奥さん、イクぜ!」

言いながら、腰を突き出して果てていました。
同時に、

「あん、あん、あっ、あっ・・・」

可憐な喘ぎ声を出し続けていた人妻も、

いやぁぁぁ・・・イクッ!!!

身体を大きく震わせて、絶頂に達しました。
ベッドに投げ出された身体が、ビクンビクンと波打っています。


≪動画更新情報≫
桜井幸子 制服姿で自らスカートめくりパンモロ!
お宝探検隊

メル友、恋人、セフレと出会いたいならここ showitme.gif

登録はコチラから。

オタクと出会いたがってるセレブが急増中って知ってた?

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close